パーティーは終わった。


唐突に別れを突きつけられて、ぼくはまだちょっと混乱しているんだ。
別れる時って、楽しい思い出しか出てこないんだよね。なんでだろ。

4年前に初めて会ってすぐ君のアパートに転がり込んできてきた時はほんと楽しかった。
ここで開かれてる招待制のパーティー、あの頃はとても新しいアイディアだった。ご近所さんどうしでお話ししたり、お友達になってこそこそ内緒話したり、家族付き合いしてグチを聞いてもらったり、自分だけでひとりごと言ってたり、聞いてもらえる人を選べるのは斬新だった。素敵な話してる人には「This is Good」ってみんなに紹介していたね(実は密かに狙っていたんだけど結局駄目だったなあ)。みんなで春やイルミネーションを探しに行ったり、LOVEも探しに行ったこともあった。

パーティーにくる人はみんな素敵だった!みんな自分の世界を持っていた。写真がとってもうまい人、子供の話を楽しそうにしてる人、お酒が好きだったり、いつも美味しいお店を教えてくれる人、音楽大好きな人、いろんな人がいたけどみんなおしゃべりがうまいんだ。だからその分野に詳しくなくても話を聞くのがすごく楽しかったんだ。流行りのことや時事ネタは少なかったけど、それだけ流されない大人が多かったのかもね。ぼくはそんなパーティー仲間が好きだったんだ。

ここのパーティーを味わったら他では満足できなかったよ。この前とあるパーティーに行ったとき、内輪受けの話しかなくて、パーティーの業界話ばっかり。スポンサーがうるさいくらいに目の前にやってくるんだぜ。もうこんな所には行く気がしないよ。このアパートに帰るとやっぱりここが一番だと落ち着いたものさ。

今だから言うけどちょっとパーティー仲間のうちの誰かを悪く思ったこともあった。何でも自分の家を中心におしゃべりするのでちょっとムカッとしたなあ。まあ今となってはムカつく自分も微笑ましいもんだ。

最初は楽しかったパーティー、だんだん装飾が古臭くなってきてたのはわかってた。参加者からお金を取らずに広告で稼ごうと頑張ってたけどうまくいかなかったようだし。だから、装飾にここ最近の流行を取り入れられなくて、パーティーに参加する人数も一人減り二人減りしてたんだ。でもこのパーティーに来てる人がいる限りは一緒にいたいと思ってた。

君の同僚が新しいパーティーを始めて、そこでは参加費を取っていたのは知ってた。近くの歩行者天国でつぶやいてる人たちと仲良くやっていきたいと宣言してたのも見ていたよ。新しいパーティーに力を入れる一方で、ここは何も変わらないから、もしかしたらとうすうす感じていた。だから、ここのような居心地のいいパーティーを見つけようとあちこち出向いたこともあったんだ。けれど他にはないんだよ、こんなところ。参加者どうしが仲良くて、いつも何してるのか気になってるこんなところ、他にはないんだよ。

君からの別れの手紙はあっさりしたもの。
「お別れです。このアパートは今月いっぱいで引き払うから、引越ししてね」
しばらく場所だけは残してほしいと思ったけれど、そのへんはキッパリしてるね。やっぱり海外暮らしの経験があるからかな?わからないけど。

 

ぼくは君と別れても、パーティーに来てたみんなとはまだまだつながっていたいと思ってる。これまでみたいに一同に会せないと思うけど、他のパーティーで見かけたらあいさつしようと思ってる。見つめるだけよりあいさつを交わして、相手の素敵なところを「素敵」と口に出すこと。そうすれば楽しく過ごせるって、君から教えてもらった。「This is Good」ってね。

パーティーは終わった。
このアパートを出てどこに行くかはまだ決めてない。ここ以上のパーティーはあるかどうかわからないけどまたどこかに腰を落ち着けなきゃね。

いつかまた。
さよなら、Vox。

広告

10/06/06 菜の花ハントに出かけたよ


菜の花畑を見に今年も滝川市へ。
去年初めて行ってその咲きっぷりに心奪われ、今年もまた行きたいと思っていたのだ。

中心部からやや北側に位置する丸加高原に、お目当ての黄色いじゅうたんがいくつも広がっている。
菜の花は連作がきかないようで、毎年植えている場所が違うらしい。
だけど畑に行くのは簡単。国道12号から高原側に入っていくと、畑は遠くに見えるから気の向くままに車を走らせればいいだけだ。

RIMG0603

近くで年配男性が持ってる一眼をうらやましいと思いつつ、高原から国道を見下ろす角度で一枚。
菜の花のほかに何をフレームに入れるかで、写真の雰囲気はまったく違うものになる。

彼方

近くの畑に場所を変えて、今度は下から見上げる感じで撮ってみた。
昼食を取った後、午後3時過ぎにもう一度高原へ。
こちらの畑は農家が観光客のために遊歩道を作ってくれていた。
RIMG0692
RIMG0677

おそらくここが一番広い畑なのかも。林に囲まれた一帯がすべて菜の花。
見渡す限りとはまさにこのこと!
RIMG0685

メアリー・ブレア展


メアリー・ブレア展6
7/29-31の3日間東京へ出張してまして、仕事が終わって羽田空港に戻るまでの間、
東京都現代美術館で開催中の「メアリー・ブレア展」に行ってきました。
東京都現代美術館

メアリー・ブレアはアメリカ人の女性で画家・絵本作家・イラストレーター。
ディズニーランドにある「イッツ・ア・スモールワールド」のデザインを担当した方です。

この展覧会では彼女の人生を順に辿るような形で作品展示が構成されています。
ディズニー関連以外の作品も展示されおり。ひとりのアーティストの生涯を感じ取ることができます。
ディズニーが好きでなくても、現代アートが好きな方には楽しめると思いますよ。

既に展覧会に行かれたVoxユーザーの方がおり、そちらの記事もリンク。

鉛筆を持って美術館へ(ravenさん「鵜の目、鷹の目、鴉の目」)

メアリー・ブレア展へ(ノリダーさん「FUN! FUN! FUN!

この展覧会では音声ガイドが有料(500円)で用意されており、利用してみました。
音声ガイド

こんな機器とヘッドフォンを装備して、該当する番号を入力してガイドを聞く仕組み。
各コーナーのボードに書いてある説明の内容を基本に、ガイドの話を聞きながら作品を鑑賞する感じを味わえる。
ボードの小さい文字をじっと読む時間を節約して、その分作品をじっくり見れていいですね。
そして語りがとても聞きやすいのです。(後で調べてみたら声優の池田昌子さんだったのですね!)

展覧会のコーナーは大きく5つあり、最後のコーナーは写真撮影がOK。
ポケットの中にデジカメを用意しておくのを忘れないほうがいい。

メアリー・ブレア展2 

メアリー・ブレア展8メアリー・ブレア展7メアリー・ブレア展6メアリー・ブレア展5メアリー・ブレア展4

展覧会を出てからの物販コーナーは恐ろしく充実しており、
油断すると財布の紐が緩むどころか切れてしまうほど。
自分は図録(2800円)とポストカード3枚を購入。図録は内容充実。展覧会をほぼ追体験できるのではないだろうか。

追体験といえば、思い入れたっぷりに展覧会について語っているPodcastがありました。
行かれた方は是非聴いてみてください!
ヲタのココロネ 第7.79巻