昨日見た夢


ぼくは石でできたお城みたいな大きなお屋敷に住み込みで働くことになった。
家の主人や他の使用人の顔を見ると、ここはどうやらイタリアみたいだ。
「ここは数百年も前からある由緒正しい建物なんだぜ」
一緒に働くことになる使用人仲間が言った。
ぼくは「数百年前ねぇ」と言いながら窓の外にあるものを手に触ると、最新鋭のスピーカーが。

家の主人はパーティーをやるからと言い残してさっさと家の庭に行ってしまう。
主人についてエレベーターに乗ろうとしても、すんでのところで乗り損ねる。
遅れて行くと、パーティーの参加者から準備はまだかとブーイング。
外はうっすらと霧雨。日は落ちている。

一番怒っているのが余興で歌うミュージシャン。
彼女は自前のギターを抱えてアンプのセッティングを早くしろと言っている。
あわててセッティングするととても満足げ。
どうやらフランス人らしい。背は小さくで長い金髪のソバージュ。頭でしばっておでこがよく見えている。
セッティングのあとぼくのそばに寄ってきて、
「生まれ変わりってあると思うの」とフランス語で言った。
ぼくは「フランスではそういうことはないんじゃないの」とカタコトのフランス語で答えていた。

広告

美瑛で食欲の秋


今日は天気もよかったので、美瑛までドライブ。
出発が遅かったので風景を楽しむはずが、食べ物を楽しむドライブになってしまった。

ランチは、道の駅びえい「丘のくら」内にあるポテト料理専門店「PUU」にて。
石釜で焼き上げるグラタンやローストチキンが美味。

(2012年9月追記:残念ながら今は閉店しているようです。美沢の本店は引き続き営業しているようです)

石釜
男爵いものフレッシュサラダ
ローストチキン
ポテトグラタン

男爵いもを千切りに切ったサラダがフレッシュで優しい味だったなぁ。
美沢希望にある本店にも今度行ってみよう。

続いて国道237号線沿いにある、JAびえいが運営する「美瑛選果」へ。
野菜の直売スペース、軽食テイクアウトコーナー、レストランがそれぞれつながっている作り。
壁の色が白くて窓ガラスが大きく取ってあり、まるで美術館に来ているみたい。

直売スペースではゆでたてのじゃがいも、かぼちゃ・炊きたてのご飯が試食できる。
ゆでたての野菜のいいにおいが館内全体を被っていました。
収穫気分のディスプレイ
ジャガイモ
美瑛産ピーターコーン
スタイルのいい野菜しか陳列されてなく、
これはこれでいいんだろうけど、なんだか気取り過ぎてるような気も少ししたりして。
(野菜は間違いなく美味しそうなものばかりでしたよ!)

甘いものとコーヒーが欲しくなって、お茶をしにレストランへ。
ランチとディナーの間にはティータイムってことで、軽食とお茶が味わえる。
お茶とお菓子のセット

ダブルフロマージュとソフトクリーム。お茶はコーヒー(紅茶・ハーブティーもあった)。
軽食テイクアウトコーナーでこの二つのどっちを食べようか迷ってたので、ちょうどよかった。
フラノデリスのドゥーブルフロマージュと見た目はそっくりな、ダブルフロマージュ。
どっちも濃厚なチーズが美味。個人的好みではフラノデリスの勝ちだけど、こっちもなかなか。

レストラン入口手前では厨房が全面ガラス張りになっていて、料理する姿がじっくり見られる。
料理人の一人がディナーの下ごしらえか、野菜を細く切っていた。
切られた野菜がまたおいしそうなこと。今度はランチかディナーを狙うかな。

中庭ではモミジがすでに赤く色づき始めていました。
秋は駆け足でやってくるのねー。
もみじが赤くなり始めてる